上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今度の休みは状況が上向きつつある鳥取に出掛けようと fukuさんと予定してました。
前夜、竹さんから北風で海がしけてるよ~ 知らせて貰ったんですが、明日は南の風
で何とかなるんちゃうか~ 取りあえず行ってみて考えよ~ (・・?... と出掛けます。

 道中の山間部は激しい雨が降り続いていましたが国道9号線に入ると雨は上がり
この分なら雨に降られても小雨程度ですむんちゃうか?・・・ ワテの田舎の夏泊漁港
で夜明けを待ちます。

DSCN0392_convert_20110630105142.jpg

 来る道中に夜の海岸を眺めながら走りましたが、やはり竹さんの情報どうりで竿が出
せる場所は限られますね~ ここは・・・ あそこは・・・ 色々思案しましたが此処と言う
場所が決らぬうちに fukuさんは鳥取からおさらばや~ こうなったら凸凹の但馬や~ 
まずは諸寄ですな~ fukuさん得意のラリーです (@_@;)…

 40分ほどで到着します。不運な俺たちですな~ どんよりした空でしたが、漁港の
波止で用意が出来た頃からポッポッ雨が・・・ ” なんちゅうこっちゃ~ ” ここで降り
まっかぁ~ 多少は覚悟のことでしたが、やっぱり嫌ですね~ (>_<)・・・

DSCN0400_convert_20110630105712.jpg

 準備が出来た事やし~ 辛抱してやりまっか~ 釣りはじめます。
プロトタイプ・ゼロ、軽い振りで25号のオモリを気持ちよくハネ飛ばし5色まで仕掛けが
飛びました !(^^)!・・・

 糸フケを取りゆっくりリーリングをはじめてすぐに 『 コッン・ブルブル 』 快適にアタリが
手元まで伝わって来ます。 ” う~ん ” この感じのアタリではチョッと期待出来る型かも
18㎝はあるかな~ (^^♪・・・ 引き続けますがその後は当りなし・・・
お姿拝見と巻き取る。 水面にその姿を見せたのは、えぇ~ ピン・・・ あの手ごたえで
びっくりです (@_@)・・・

DSCN0402_convert_20110627151715.jpg

 退屈しないんですがね~ 釣れるサイズが15㎝弱で、2人でリリースを繰り返しながら
それでも何処かにいい型はいるはずや~~~ と、広範囲に投げ分けて探ります。
” 無駄な抵抗かな~ ” 愚痴っている時でした。 ” 来たぁ~ ” 声に振りかえります。
” おったで~ ” 確実に20㎝はオーバーしてますね~  
” 奥の漁港のミオ筋や~ さっきから触っていたんやけど ” 喰いが浅かったそうです。

DSCN0403_convert_20110627151808.jpg

 いい型が出た漁港のミオ筋を狙い始めた頃からまた嫌な雨、それも大粒の雨で遂に
” 雨の当らんとこへいこかぁ~ ” お言葉に従うなら香住か柴山でしょうな~
急いで車に戻り移動の支度が出来たところに、地元のおじさんに声を掛けられます。

 今年は5月まで奥の山に雪が残って雪解けで水温が低くキスは釣れんでしょう。
親指と人指し指を開いて釣れるんはこんなんや・・・ 秋には大きいのが釣れるよ~
秋に来なさいと教えて頂きました。

DSCN0399_convert_20110630110326.jpg

 雨を凌いで即刻、香住へ移動しましたが、香住は生体反応なし~~~ 
fukuさん~ お疲れ~ 次回は梅雨明にしましょな・・・

スポンサーサイト
  今進めている第3段は1~2段と違った軟調子の投げ竿で試投をクリア・・・ !(^^)!
さてお次は試釣ですが、私のおやすみは14日 ” 昼過ぎまでなら・・・ ” 付き合い
願える竹さんを誘って播磨のケーソンへ試釣に行ってきました。

06-14-01_convert_20110615155014.jpg

 飛距離テストでは6色プラス力糸、実釣となれば多少距離は落ちますが、
それでも5色チョイまで距離は出ます。
糸フケを取ってリーリングを初め半色ほど引いた時に『 クー 』 来ましたね~ 
動きを止めて喰い込みを待ってみます 『 クーク・ブル~ 』 掛った。

 想像では、17~18㎝かなぁ~ まずは型を見ますかぁ~ だが予想外に小さい、
13~14㎝のリリースサイズに近い型でした。
感度も鮮明に伝わります !(^^)!。。。 いいですね~~~

 だが喜んでばかりいられませんね~ 釣れるキスの型がみんな小さいんですね~
ポイントかな?・・・ 思って少し東へ移動してみます。

 潮は西から東に緩やかに流れています、 遠投し糸フケでオモリの着底を見てフケ
を取り、仕掛けを張り、潮の流れにオモリを乗せて流してみます。
『 グー 』 きたで~ 『 ググー~~~ 』 竿先を軽く引く 『 ゴン・ゴゴ―ン 』 乗りました。
何とか20㎝オーバーをゲット出来ました。

06-14-04_convert_20110615155120.jpg

 鮮明なアタリが、竿先を通しリールを握る手元まで綺麗に伝えてくれこれで感度テストも
もよ~し ~ !(^^)!... これで、今秋には出るのでは~~~ の話しもあり楽しみです。

 肝心のケーソンのキス状況は、キス狙いの釣り人はまだ少なく、当日キス専門さんは
我々を含めて3人でした、まだ早いかなぁ~ と感じましたね。

 投げ竿: 日新 ” ゼロサムキス・タイプ0 ” 試作 4.0m 海藻天秤25号
 仕掛け: モトス 2.5号 ハリス 1.2号  針 スパーキス 7号 4本
 餌  石ゴカイ

 新作 ” ゼロサムキス・タイプゼロ ” の実釣を兼ねて7日は日本海方面へ行こかぁ~
と話していたんですが 『 どこも釣れん~~~』 良い情報がありませんでした。
『 どこもあかんらしいが、神埼から宮津湾をうろうろしてみよか~ 』 との事で竹さんと3人で
まずは、神崎海岸で竿を出しましたが、なんとゴミ掃除です~~~

11-06-07-001_convert_20110608164732.jpg

 『 あ~きません~』 ならば宮津湾の矢原へ即刻移動してキスのアタリを実感しょ~~~
ところが上手いこと行きませんなぁ~ 潮がまったく動いてくれずここも大してアタリを実感
する事が出来ず、竹さんが唯一の良い型のキスを釣り上げて、またまた転進です (*_*;…

11-06-07-002_convert_20110608164831.jpg


竹さんから 『 対岸へ移ろう~ 』 の話で向いの江尻へ・・・ 当りましたね~~~

11-06-07-003_convert_20110608164917.jpg

 天気も大当たりで、どんよりした曇り空から真夏のような日差しに一転、好調にキスの
アタリも続きましたが少し型にご不満はございましたが、それでも ” タイプゼロ ” は
リールを握る手にリリースサイズでさえ綺麗に反応が現れ素晴らしい感度でした !(^^)!
竿の曲がりもいいです~~~ これで申し分なしですね~~~
 昼前には南西の風が強まり竿を納めましたが、” ゼロサムキス・タイプ0 ” 最高のロット
誕生です~~~ (^_-)-☆ ワォー  






 25日に訂正の ” タイプゼロ ” 届きガイドセットも完了~ 今度は水道で良型の
キスちゃんの激震を味わうど~~~ 試釣を楽しみにしていたんですが残念 ~~~
何せ雨に濡れるのが嫌なお仲間なもんですから即刻中止ですワァ~ (*_*:)

 仕方なしに朝寝坊を決め込んでましたら ” 雨降ってないで~ ” 電話で起されました。
よっしゃ~ それなら試投だけでもやりたいなぁ~ (*^^)v

 早速、明石のベランダへ・・・ 南東のやや強めの風が吹いてましたが、風に逆らっての
テストもえぇ~ もんや~ 風に負けるようならアカン~~~
相棒の fukuさんに写真撮影を頼み投げてみます ” えぇ~感じの曲がりやで~ ”
写真を見ながら繰り替えします。

DSCN0339_convert_20110601162411.jpg

今度は選手交代 ~~~
fukuさんが投げての第一声 ” これはよう飛ぶ、軽く振って6色やぁ~ ” 気に入ったようですなぁ~

DSCN0351_convert_20110601163050.jpg

 撮影した写真の曲がりがチョイ気になりガイド位置を修正してみる。
fukuさん ” そうやこれやな~ ” うん~ これで完璧や~ オモリの負荷テストもやりました。
” これなら夏場には最高の竿やで~ いつ頃出るんやぁ~ ” 早くても秋ごろらしいで~
” それでは間に合わんやろ~ ” 俺に言われてもしょうがおまへんわ~
まぁ~ 竹さんにゆうてんか~ と、言ったもののほんまにはょ~ 出してなぁ~
竹さん、よろしゅうたのんます m(__)m ~~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。